バックナンバー

工業の深い情報

工業用の選定方法

工業用地の選び方と注意点

  • トップ /
  • 工業用地の選び方と注意点

工業用地は地盤強度が重要

新しい工業用地の選び方としては、まず主要な取引先との距離を考慮すべきです。また、原料や製品の搬入や搬出ルートも考えなければなりません。その他、あまりにも過疎地では従業員を確保することが難しくなります。さらに建築物を建てるには、地盤がしっかりしていることも重要です。工業用地の選び方として、地盤強度が弱い土地ではいくら基礎を頑丈に建設しても、後で地盤が沈むリスクが発生します。特に地震が多いエリアでは、前もって地盤強度を調査する必要があります。さらに工業用地に建設する建物は、通常、建造物の基礎となる杭を地下30m程度まで打ち込むことが必要です。しかし柔らかい地盤の場合は、それ以上打ち込むことになり、建設費用も高くなります。さらに土地の選び方として、なるべく正方形もしくは長方形の方が、工業用地としては適しています。その方が、敷地内に複数の建物を配置しやすいからです。また周囲に工場を増設する場合にも、余分な空き地ができず、土地の全てを有効利用できます。その他、住宅地が隣接している場合、敷地の境界線から工場の建物をある程度離すことが義務付けられているため、正方形や長方形の土地の方が対処しやすくなります。

↑PAGE TOP