バックナンバー

工業の深い情報

産業革命と人々の暮らし

産業革命と工業化について

  • トップ /
  • 産業革命と工業化について

手作業から工場制機械工業へ

産業革命はそれまでの手作業中心から、工場という建物内に人を集めて集中して生産を行う工場制手工業へ移行しました。さらに工場に機械設備を設置して大量生産を行う工場制機械工業へと発展し、時代とともに技術革新を続けてきました。そのおかげで重工業が成熟した現代では、公共工事では重機を使って迅速に工事が進む事もあり、高層ビルなどの建物が数年くらいの工期で完成します。手作業で同じ事をしようとすればいったい何十年かかる事でしょう。人類は様々な分野で技術を高めてきましたが、それには産業革命以降の技術革新が必要でした。私達は現在の重工業の恩恵を受けて、より巨大な建物や大規模な工事を短期間で完成させる事ができます。また手作業とは比較にならない機械設備による大量生産で、世界の約70億人がその気になれば商品を手にできます。技術の進歩は人類の生活を豊かにしてきました。今後も今ある課題を解決しつつ進歩していくでしょう。便利でより環境に負担をかけないメタンハイドレートのような物も採掘できるようになっています。メタンハイドレートは昔から有りましたが、重工業の発展により採掘が可能になりました。技術の発展はこのように人の暮らしを支えているのです。

↑PAGE TOP